TOP 全国産地マップ 和紙と和紙の製品をさがす 産地の情報とインフォメーション 和紙について知りたい 全国手すき和紙連合会の出版物 全国手すき和紙連合会とは
手すき和紙はこうしてつくられます。(図は伝統的な方法です。産地によっても違います。)
@刈り取り
原料をかりとります。
A蒸す
一定の長さに切って蒸し釜で蒸します。
B皮剥ぎ
黒皮を剥ぎます。
C煮る(煮熟)
釜に水をはり、ソーダ灰、石灰、アルカリなどを入れて黒皮を沸騰させます。
D黒皮をけずる
水にひたしてやわらかくした黒皮の黒い皮の部分を削り落として、白皮にします。
E白く晒す(漂白)
容器に水をはり、さらし粉、塩素水など(漂白剤)を入れて一昼夜さらします。流れる水や雪に原料を広げ、天日にさらす場合もあります。
Fごみをとる(塵取り)
不純物(塵)を手で根気よく取り除きます。原料が大量の時には、フラットスクリーンという機械を利用します。
Gたたく(叩解)
かたく網のようになっている原料を打ち棒でたたいて、繊維をより細くほぐします。手作業でやる職人もいますが、多くは打解機という機械で行います。
H紙漉き
漉き舟に原料、水、ネリ(繊維が沈まず、かたまらないようにする粘りのある液体)を入れ、よくかきまぜてから、簀桁ですくって縦横にゆらし、一枚一枚漉きます。
Iしぼる(圧搾)
漉いた紙を圧搾機で強くおさえて、水をしぼり出します。これによって腰のある強い紙ができます。(図は天秤式圧搾)
J乾燥
脱水がおわった和紙を一枚ずつはぎとって、木の板にはって天日で乾燥させます。熱くした鉄板にはって熱で乾燥させる方法もあります。
K製品
できあがった紙はきめられた寸法にあわせて切り、使いみちにあった製品となります。